合唱コンクール

今年もこの季節がやってきた!

子どもたちの夏休みスタート!

そして中学校の合唱コンクールの曲目が決まる時期です。

 

現在中学3年生と2年生が1人ずつ、レッスンに来ていますが、

ふたりとも1年生の時からピアノ伴奏のオーディションを勝ち抜いて、

合唱コンクールの伴奏者に選ばれています。

今年もふたりとも無事伴奏者に選ばれた!といい笑顔でした。

 

私は合唱もそうですが、伴奏することが好きなので、

合唱コンクールの曲をレッスンに持ってこられると

ワクワクしちゃいます!!!

 

譜読みができて、ある程度弾けるようになるまで

教本はちょっと止まってしまうけれど、

合唱コンクールで伴奏をすると、すごく譜読みが早くなるので

コンクールが終わった後、巻き返しを図ります(笑)

 

クラスを代表して、大きなホールでピアノを弾くという経験も、

緊張するけど楽しくて、充実した気持ちになれるものです。

 

ピアノの発表会ひとりで舞台に立つけれど、合唱コンクールでは

クラスのみんなで舞台に立って

自分のピアノとみんなの歌とで受賞を目指す。

ひとりで弾くのより緊張することもあれば、しっかりしなきゃと

頑張れることもあって、とにかく刺激的!

 

だから、生徒たちがそんな体験をしてくれることがうれしくてワクワク。

そして自分が中学生のころも思い出して、懐かしワクワク。

 

都合が合えば親でもないのに聴きに行ってしまうほど

合唱コンクールが好きな私なのでした。